被災体験から感じた唯一のこと。


「まさか自分が大地震に合うはずがない…」

心のどこかでそう思ってはいないでしょうか?
あるいは、大地震に遭うかもしれないけど、自分は大丈夫じゃないかな?
そんな風に考えている方もいることでしょう。

私の友人、福田氏も同じように考えていました。
あの瞬間までは…。

2004年10月23日17時56分。

その瞬間は突然やってきたのです。
後に、新潟県中越地震と名付けられた激しい揺れが何の前触れもなくその時仕事中だった福田氏を襲いました。

img045

img046

img047

img053

当時、彼はホームセンターで働いていました。
激しい揺れのために、店内に商品は散乱し、お店自体もダメージを受けました。
しかし、彼自身がケガを負うことはありませんでした。

ただ、仕事場から車で30分程かかる彼の自宅がどうなっているのかを知る術がなかったのです。実は自宅には彼のお母さんも住んでいました。
彼の自宅は全壊してしまうのですが、それを知ったのは地震発生からかなりの時間が経った後のことでした。

中越地震で被災した自宅1
中越地震で被災した自宅2

上は地震後の彼の自宅です。一見、大きなダメージを受けていないようにも見えます。しかし実際には壁や柱は大きなダメージを受け、内部は滅茶苦茶な状態になってしまったのです。

地震で家の内部は滅茶苦茶に。

jitaku-img077

回復が不可能な状態になった彼の自宅は全壊扱いとなってしまうのですが、不幸中の幸いだったのが、“崩れ落ちることがなかった”ということです。

彼自身、被災して強く感じたことは―

「地震で押し潰されることなく、地震直後に大きなケガがないこと」

だったそうです。

当たり前じゃないかと言われるかもしれませんね。でも、生き延びさえすれば、結構なんとかなるものだと感じたそうです。

ホームセンターで働いていた彼の仕事場には、被災して避難してきた人たちが多くいました。

避難グッズなどを持ち合わせていない人たちも多くいましたが、彼らに必要なものを職場にあった商品の中から無償で提供したということもあったためです。

もちろん、以下のような地震後の対策を軽く見てはいけません。

・水は1人6リットルは備えておく
・お風呂の水は捨てない
・懐中電灯や非常食を常備
・避難先を家族と話し合い など…。

このホームページでも詳しく解説させて頂きました(リンク:地震後の対策)

ただし、繰り返しますがこれらはすべて「地震で大けが以上を負っていない」ことが前提です。
生存していてこその対策なのです。

中越地震で潰れた自動車

中越地震で崩れた家

中越地震で被害を受けたショッピングセンター

中越地震で崩れた丘

実際に大地震に合うと、何も出来ない自分に気づきます。
揺れに身をまかせるままです。
何が起こっているのか考える余裕もありません。

机の下に身をかがめたり、頭に何かを被ったりすることなどなかなか出来ることではありません。

ですので、例え何も出来なくても、地震の後も無事でいられるようにすることが、何よりの地震対策ではないでしょうか?