避難グッズ三種の神器とは?


避難グッズはコレを用意!~避難グッズ三種の神器とは?~

地震後に必要な避難グッズ
地震によって住宅の倒壊や家具の転倒などを避けられて、ホッとするのもつかの間、新たな問題が起こってきます。

ライフラインが止まった状態での生活です。
最低でも3日間は電気やガス、水道が止まった状態で生活出来るための備えをして置いた方が良いでしょう。

かと言って、すべてのものを一つの袋にまとめておいても、一度に運びだすようなことは出来ません。地震直後の緊急時には、すぐに使えるものだけをまとめた袋を用意しておくと良いでしょう。

そして後で取りにくるものを別にしておくことをお勧め致します。

 

すぐに持ち出したい緊急避難グッズ

1:水
必須のアイテム。一晩を過ごすために1人あたり500mlの水を2本は確保したいところです。

2:ゼリー状の食べ物
地震によるストレスで固形の食べ物がのどを通らないことがあるため、食べやすい食品があると良いです。

3:おかゆ、汁物
ご飯ものどを通りやすいものが良いでしょう。温かい食べ物は気持ちを落ち着かせてくれます。

4:コンタクト、メガネ
意外と忘れやすいかもしれませんが、目が悪い人の場合命に関わる場合もあるのでしっかりと用意しておきたいところ。ケア用品も忘れずに。

5:小銭
通帳やカードよりも威力を発揮するのが現金。とりわけ小銭があると、携帯電話もよりもつながいやすい公衆電話が使える場合もあります。

6:マスク
火災発生時などに重宝します。

7:救急用品
ケガの応急措置が出来る絆創膏や包帯、消毒薬があると良いでしょう。

8:甘い食べ物
アメやチョコレートなどの甘いお菓子はストレスを軽減させてくれます。小さなお子様がいるご家庭には特にあった方が良いでしょう。

9:ラジオ
災害時は様々な情報が乱れ飛ぶものです。正確な情報がないと正しい行動がとれません。そんな時に役に立つのがラジオ。電池不要のもので、さらに携帯

 

後で取りに来たい避難グッズ

1:水
過去の大地震において、電気の復旧は比較的早い傾向にありますが、水道は3~4日、水道管が破損すると、1~2週間は回復しない可能性があります。トイレなどの生活用水を含めると、ひとり1日、4~6リットルの水が必要です。ペットボトルの他、家の中に水のタンクを備えておくと良いでしょう。

2:パン、クラッカーなど
お腹にたまって、満足感を得られる食料を用意しておくとベストです。

3:ごはん、おかず
エネルギーの源となるご飯は特に用意しておきたいもの。気持ちも前向きになります。

4:ラップ材
意外なモノかもしれませんが、災害時に重宝するアイテムのひとつでもあります。食料の保存はもちろん、止血にも使えるアイテムです。

5:ガムテープ
これも意外かもしれませんね。しかし、阪神・淡路大震災の被災者によると、支給品や自分の持ち物をまとめるのに重宝するとか。

6:油性ペン
ガムテープでモノをまとめてから、ガムテープの上に自分の名前を書くためのアイテム。

7:アイマスク、耳栓
避難所生活ではプライバシーの確保は難しいもの。ストレスを軽減させるために持っていたいものです。

8:生理用品
忘れがちかもしれませんが、災害時には要望が多くなるアイテムのひとつでもあります。自分で持っているようにすると安心です。

9:ウェットティッシュ
水が使えない時に、身体を清潔に保つために役に立ちます。少し多めに持っていたいところです。

これらを家の中に常備しておいたとしても、実際に地震が起きたら何も持ち出せなかった―。実際に被災した人の多くは何も持たずに逃げているのが現状です。

では、これだけは用意しておきたいものとは何でしょうか?

 

枕元に置いておきたい「避難グッズ三種の神器」はコレ!

水・懐中電灯・スリッパ

 

被災した人たちが、これだけは必要!と思ったのが、“水”と“懐中電灯”、そして“厚手のスリッパ”でした。

枕元には500mlのペットボトルと懐中電灯、そして散乱した室内から逃げるためのスリッパ(もしくは厚手の靴下)を用意しておくことをオススメします。

 

(参照:LEE2009.4/DIME2007.10.2)