1981年以前と以降の建築物の違い


阪神淡路大震災における、1981年以前と以降の建築物の被害状況の違い

 

1981年は建築準法が大幅に改正された年。1981年6月以降に建てられた住宅は、それ以前に建てられた住宅に比べて、耐震性能が高いとされています。

 

法改正による、必要壁量の変遷

以下の図は、床面積1平方メートルあたりに求められる必要壁量(単位:cm)を表しています。
※必要壁量とは、平面図における外壁と内壁の長さの合計を言います。

 

必要壁量の変遷

 

実際、阪神淡路大震災では、1981年以前の建築物に大きな被害が出たのです。
1981年5月以前に建てられた住宅にお住みの方は、あなたのお家の耐震診断をすることを強くおすすめ致します。

 

阪神大震災での被害状況